日曜講座は大学受験のための教室です。


【講義内容】 夏期講座を受講する方は、できる限りご参加ください。
初めて日曜講座で英語を勉強する人や、本当に英語ができるようになりたい、と思っている人のための講座です。
母語以外の言葉を学ぶ本当の意義は、その言葉を学ぶことで自分の思考や感性のふり幅を広げ、自分自身を豊かにすることです。
大学受験の英語を勉強する上でも、こうした考えは大切です。
では何をどのように学べばよいのでしょうか。
言葉の成り立ちや言葉づかいのルール、すなわち幅広い意味での「文法」をきちんと理解した上で、それを運用できるようにする―それには英文の成り立ちを理解し、文の構造を分析してその意味を正確に読み取るという訓練をすることが肝要です。
どんな長文も一つ一つの文の正確な意味を読み取ることが出発点であり、書くこと・聴くこと・話すことの土台も、こうした訓練によって身につきます。
英文を正確に読む訓練を積むということは、頭をきちんと働かせて論理的に考える力を鍛えることでもあります。
さらに、文章の内容を的確に理解するには、背景となる知識も、想像力も、そしてときには豊かな感受性も必要です。
読解力をつけるということはこうした知力を総合的に養うということです。
このような学習を通じて身につけた英語は、単なるコミュニケーションの道具にとどまりません。
本当の意味で役に立つ語学力になるばかりでなく、自分の思考や感性、そして価値観の枠を柔軟にかつダイナミックに広げてくれることになるでしょう。
日曜講座では、こうした観点に立って英語の習得を目指しています。
授業の理解度を上げるためにも,ぜひ都合をつけて参加してください。
【開講日】 2019年7月20日(土)14:00〜18:00
2019年7月27日(土)14:00〜18:00
【対象】 高1生以上。
定員になり次第締め切りとなりますのでお早めにお申込ください。
【受講料】 無料 ■受講生の感想■ 英語の基本中の基本である品詞や文構造について学び直すことで,自分が「知ったつもりでいた」ことに気づかされた/「英語を論理的に考える」ということがどういうことなのか,この授業でそれが学べたと思う。今後の勉強に大きく影響を与える授業だった/このままではいかんな,ということがわかりました。文法用語も今までよくわからないままに授業を受けていたので,これからの授業の理解度も上がると思います。もっと早く受けておけばよかったです/品詞の説明や文の構造などは,学校ではここまで細かく教えてはもらえず,中1の時に出てきたものを(副詞とか前置詞とか)意味も分からないまま勉強してきたので,学習が進むにつれて理解できないことも増えて困っていました。こういう風に基礎から学べる機会はなかなかないので,とても貴重だったし助かりました。