日曜講座は大学受験のための教室です。


【講義内容】 英文に限らず文章を読むときにはまず,筆者が何を言いたいのかを的確に把握することが目標です。文法や構文,単語や熟語の知識などはそのための道具に過ぎません。この目的を忘れた勉強は,結局何の実も結ばない不毛なものに終わってしまいます。断片的な知識をただ詰め込むことから論理的思考力を鍛えることへと,勉強の重点を移していくことが肝要なのです。そしてさらに読みを深めていくためには,取り上げられているテーマに対する好奇心や,内容を理解するための背景となる知識,想像力,豊かな感受性なども必要になってきます。この講座の目標は,あるテーマと思想を持った長文を読みこなすことを通じて,このような力を鍛えることです。  私たちを取り巻く世界は,近年さらに一層変貌の速度を速めています。地球規模に成長したさまざまな危機は人類の,そしてあらゆる生命の生存を脅かしているばかりではなく,より困難でより深く本質的な問題は,日々の現実として生きている日常の中にあります。大きな歴史の転換点であることは間違いないでしょう。 私たちはまさに人間の英知が問われる時代に生きているのです。既成の枠組みや権威が次々と崩れ,これまでの出来合いの方法論ではこの事態を乗り切ることは難しいでしょう。ことの本質が何であるのか自分の頭で考えること,そして世界が新たな様相で見えてくるような視点を獲得することが,今こそ必要とされているのです。そのためには,できうる限り先入観を排して事態・事物を直視しようとする認識に基づいて,できうる限り自由にものを考える力を鍛えていかなければなりません。文章を読むということ,英文の読解力をつけるということは,こうした力を,すなわち混沌とした未来を切り開く知性を身につけるということでもあるのです。  少々きついものになるかもしれませんが,知的好奇心を持って取り組めば,新しい世界が君たちの目の前にキット現れてくるはずです。 【開講日】 2017年度は終了しました 【受講料】 ¥32,000 ■この講座では,これまでにこんな書籍を読んできました■
  • The Impulse Society  by Paul Roberts『衝動に支配される世界』
  • On Western Terrorism  by Noam Chomsky, Andre Vltchek 『戦争のからくり ~ヒロシマからドローン兵器の時代まで』
  • Two Lectures In Sophia University  by Noam Chomsky 『我々はどのような生き物なのか ~ソフィア・レクチャーズ~』
  • Proust And The Squid The Story and Science of the Reading Brain by Maryanne Wolf 『プルーストとイカ ~読書は脳をどのように変えるか』
  • Farewell to Growth   by Serge Latouche 『〈脱成長〉による新たな社会発見』
  • Ways Of Forgetting, Ways Of Remembering  by John W. Dower 『忘却のしかた、記憶のしかた』
  • The Path to Hope  by Stephane Hessel, Edgar Morin 『若者よ怒れ!これがきみたちの希望の道だ』
  • Japan in War & Peace  by John W. Dower 『昭和 戦争と平和の日本』
  • A Short History of Progress   by Ronald Wright 『暴走する文明』
  • The Monk and the Philosopher  by Jean-Francois Revel and Matthieu Ricard 『僧侶と哲学者』
  • Failed States  by Noam Chomsky 『チョムスキー 破綻するアメリカ 壊れゆく世界』
  • Japan in War & Peace   by John W. Dower 『昭和 戦争と平和の日本』
  • A Short History of Progress   by Ronald Wright 『暴走する文明』
  • The GOD Delusion  by Richard Dawkins 『神は妄想である』
  • Galileo’s Finger  by Peter Atkins 『ガリレオの指』
  • After The Empire  by Emmanuel Todd 『帝国以後 アメリカ・システムの崩壊』
  • Collapse  by Jared Diamond 『文明崩壊』
  • Arguments against G8  by Gill Hubbard, David Miller 『G8ってナンですか?』
  • Dogs and Demons ─ The Fall of Modern Japan  by Alex Kerr 『犬と鬼』
  • Why We Do It by Niles Eldredge 『ヒトはなぜするのか』
  • The Quantum and the Lotus  by Matthieu Ricard, Trinh Xuan Thuan 『掌の中の無限』
  • Representations of the Intellectual  by Edward W. Said 『知識人とは何か』
  • Nature Via Nurture  by Matt Ridley 『やわらかな遺伝子』