ICU・ICU受験・ICU対策(国際基督教大学)大学受験の日曜講座

HOME >日本の学問最前線2011

2014・10月開講!

通信制・東京外大・世界史論述対策講座

独学では対策しにくい“論述”を通信で

 

 

 

 

東京外語大(2次)の世界史論述では,通常学習で獲得した知識を,設問に応じて整理し,再編成する力が必要です。この講座では,実際に論述答案を作成することで,論述力をアップさせるとともに,理解が曖昧な分野・時代をチェックし,入試に備えます。学習は通信添削方式で進められるので,自分の好きな時間に対策することができます。『世界史標準問題精講(旺文社)』の著者による丁寧な個別添削指導で”論述力”を鍛え,自信を持って入試に臨みましょう。希望者には入試までに90分×4回のスクーリング(添削者本人による講義)も実施し,外語大入試に備えます。

受講を希望される方は,事務局までご連絡ください。

見本教材(第1講の実物)と手続き書類を,送料無料にてお送りします。お手元に届いた見本教材をご覧のうえ,受講を検討してください。(お手続きがない場合は,受講されないものと判断し,その後こちらからは教材をお送りしません。なお,受講されない場合でも,見本教材の返送は不要です。)

 

昨年度受講生の声

■この講座の他に、通常、世界史論述の勉強をどうやっていましたか?
論述問題を書くうえでキーワードとなりそうな単語を把握して、時代の縦にも横にも結び付ける練習をしました。
■この講座を受講しようと思ったきっかけは?
論述問題にも、本番で書けなければいけないものと捨ててもいいものがあると思います。受験に詳しい日曜講座が選んでくれた問題をこなすことで、本番で必要な知識を選び取りたかったのが主な理由です。
■この講座を受講した感想は?

問題自体が珍しかったり難しかったり感じたことはほとんどありませんでした。言い方を替えれば、いかにも外大が好みそうな問題が集められていたと思います。
■通信制のメリットはありますか?

通信制の問題が届く時は好きな雑誌が届いたような感覚でした。空いた時間に取り組むことができる点もメリットで、必然的に世界史に触れる時間を増やしてくれました。

■講師による添削はどのように役立ちましたか?
自分で考えるだけでは客観的に正しい解答は身に付きません。添削してもらうことで、つい独りよがりな解答になりがちな論述問題も冷静に見直すことができました。
■受験生へのメッセージをお願いします。

世界史に限らず、受験はどっぷり浸かることで楽しくなります。サッカーだって野球だって、一番楽しいのは見ている観客よりやっているプレイヤーのはず。受験もプレイヤーになることで俄然面白くなるものです。受験生はぜひ実力派のプレイヤーになって合格を勝ち取ってください!

受講申込受付中。お申し込みはE-mailまたはTEL(03-3370-8359)で。

開講日

2014年10月1日(水)より教材の発送を開始します。

※10/1以降なら,いつからでも始められます。

ただし,課題の最終提出締切日は2015年1月25日とします。

教材構成


必修添削課題(16問)

自由課題(16問)

スクーリング(90分の講義×4回)

※スクーリングは希望者のみ。スクーリングなしでも,きちんと学習できるよう指導します。

受験料

¥30,000教材費・添削料・通信料・スクーリング料・消費税込み