日曜講座は大学受験のための教室です。


日曜講座で学び、合格を果たした先輩たちより

合格しているのは”特別な人”ではありません。

悩んだり、迷ったり、落ち込んだりしながら、共に日曜講座で学びました。

不安を持っている方はぜひ参考にしてみて下さい。
きっと、今のあなたと同じような人がいるはずです。

2017年度合格体験記

合格体験者

THくん(宝仙学園高校共学部理数インター卒)

合格大学

ICU(教養)peace bell scholar/明治大(政経・政治)/明治大(国際日本)センター/青山学院大(国際政経・国際政治)センター 合格

受講コース

高卒生対象ICSコース

体験記

私は1年間、高卒生対象ICSコースでお世話になりました。
浪人が決まった時は暗くて辛い1年間を想像していましたが、ICSにはお互いに励みあえる楽しい仲間と、問題が解けることだけではなく、深い理解や様々な考えができる脳を作り上げることまでもを目的とした授業があり、充実した毎日でした。
日曜講座の名物講師の一人である英語科の小野木先生は、一つの文章に対し、細かな構造分析、文法事項の説明、重要な語法・単語の整理、そしてその文章の内容に関しても詳しく説明してくれます。
そのため授業が延長することもしばしばですが、他では味わえない授業です。
他の先生方の授業も素晴らしく、雑談もミニ講義そのものです。
また、勉強面だけではなく、精神面の相談も親身になって聞いてくれます。
仲間との他愛もないおしゃべりも浪人生活で感じる孤独やストレスを和らげてくれます。
時には互いに教えあったり、情報交換もしたりして励み合っていました。
受験が近づいてくるとプレッシャーや焦りなども出てくると思います。
けれど、そんな時こそ一人になろうとするのではなく、先生方や友達と共に頑張ってみるといいと思います。
その「アットホーム」さが、日曜講座のすてきな所です。
思いは1人1人違うと思いますが、合格の2文字を見た時の嬉しさは何とも言えません。
諦めずに最後まで走り切ってください。
応援しています。

合格体験者

ASさん(淑徳与野高校)

合格大学

ICU(教養) AO入試で合格

受講コース

新高3生向けICU受験対策講座/新高3向け受験英語/ICU受験対策講座(通年)/ICU・AO入試対策講座/ハイレベル受験英語(1学期・夏期・2学期)/読解力・表現力養成講座(1学期・2学期)/日本の学問最前線(夏期)/世界を知るための現代史(夏期)/ICU模試(第1回)

体験記

日曜講座で私が教えていただいたことは、「想像力を持つ」ということだと思います。
私にとって勉強とはいつも自分と距離のあるものでした。
「きっと受験が終わったら私は今勉強していることを忘れてしまうのだろう」と思いながら勉強をしていました。
その考え方が日曜講座に通って変わりました。
先生方は授業に関連して世界や日本についてお話をしてくださいました。
それらの多くが自分が教科書と向き合って学んでいることと繋がっていると気づいたときに、学んでいることを絶対い忘れてはいけないと思うようになったのです。
無関心のまま、他人事のまま学んだことを受け止めることは自分のいる世界と距離を置くことだと考えたからでした。
んなことも自分の世界と繋がっていると想像できるようになって、勉強することを前向きに考えられるようになりました。
だからことICUで学ぶことの意味を考え直すことができました。
今はまだ、答え合わせはできませんがその意味を考えたからこそICUで何がしたいのかイメージを持ち、濱田先生のお力を借りながらAO入試で私の気持ちを届けられたのだと思います。
私が合格体験記を書けるのは、日曜講座に出会えたからです。
この講座の人たちと同級生になれたら楽しいだろうなという気持ちが何度も私を支えてくれました。
先生方が、親身に私の相談にのってくださったから戸惑いだらけだった受験生活を乗り切ることができました。
個性的で尊敬できる仲間と、大切なことを教えてくださった先生方のおかげで今の私がいます。
日曜講座に通ってよかったです。
本当に感謝しています。
ありがとうございました!!

合格体験者

YTさん(都立新宿高校)

合格大学

ICU(教養)/上智大(法・国際関係法)/上智大(総合グローバル)TEAP方式/学習院大(国際社会)/成蹊大(文・国際文化)/APU(アジア太平洋)合格

受講コース

新高3生向けICU受験対策講座/新高3向け受験英語/ICU受験対策講座(通年)/ハイレベル受験英語(1学期・2学期)/日本の学問最前線(夏期)/世界を知るための現代史(夏期)/ICU&SFCのための基礎教養講座(夏期)/SILS上智ICUの英語(夏期)/ICU英語リスニング対策(夏期)/ICU英語読解PART1対策(冬期)/ICU英語読解PART2対策(冬期)/受験世界史総仕上げ(直前)/受験英語総仕上げ(直前)/受験古文総仕上げ(直前)/ICU英語リスニング対策(直前)/ICU ATLAS対策(直前)/ICU直前英語特訓(直前)/ICU人文科学(直前)/ICU社会科学(直前)/通信制・東京外大世界史論述対策/ICU模試(第1回)

体験記

私は約一年間、日曜講座に通っていましたが、特に印象に残っているのは「ICU受験対策講座」と「日本の学問最前線」です。
高1の冬からICUを志望していたものの、どんな対策をすればよいのかわからず、日曜講座の存在を知ってすぐ受講を決めました。
文系理系を問わない学び、暗記ではなく思考力を高める学び…。最初から理解しきるのは難しかったですが、「ここで正解することではなく、入試本番で正解することが目標」という先生の言葉を励みに、とにかく考え続ける努力をしました。
その結果、ICUの入試当日も試験終了ギリギリまで考え続けて答案を作成できたのだと思います。
もう一つ、夏に受講した「日本の学問最前線」はまさに“興奮と感動”という言葉がぴったりでした。
じっくり本と向き合ってまとめ、それを発表して議論して、これこそ私がやりたかった学びだと興奮しました。
また、このような学びを共にできる仲間がいる、ということに感動しました。
さらに、ICUの総合教養の試験で、この講座で取り上げられた渡辺一夫についての言及があり、とても驚きました。
今後に生きる学びだとは感じていましたが、まさか出題されるとは思わず、受講してよかったなぁと思いました。
本当に日曜講座なくしてICUに合格することはできませんでした。
ありがとうございました!

合格体験者

HSさん(恵泉女学園高校)

合格大学

慶應義塾大(SFC・総合政策)/青山学院大(総合文化政策)/武蔵野美術大(造形・建築)センタ- 合格

受講コース

ハイレベル受験英語(通年)/慶應義塾SFC小論文対策(1学期・2学期)/英語で「知」を読む講座(夏期)/慶應義塾SFC対策講座(夏期)/受験英語の総仕上げ(直前)/慶應義塾SFC小論文(直前)/慶應義塾SFC英語(直前)

体験記

私はハイレベル受験英語と慶應義塾SFC小論文対策講座を1年間受講しました。
受講を決める前、自分は英文法の学習を積んできたつもりになっていたので、授業時間の半分を読解でなく文法に費やすこの講座を受講するか迷いました。
しかし、この講座のお陰で、それまで不連続に頭に入れていたような知識が繋がったり、根拠を抑えた暗記ができるようになりました。
また、1年間かけて、難しそうな英文に対しても焦らず、冷静に文構造をとる力が付きました。
小論文の授業では、SFCが求める学生像や出題傾向など、学習の方向性を明確に示してもらいました。
内容も興味深いものが多く、知らないことを知る楽しさも教わりました。
この講座で付けた知識とたくさんの小論文を書いた経験が、本番でもそのまま助けになってくれました。
春期・夏期・直前講座にたるSFC英語対策では、1000語を超える英文を様々なテーマで読み、精読のスピードが上がりました。
小論文では、SFC小論に必要と思われる知識を網羅的に扱ってもらいました。
夏の「英語で『知』を読む講座」では、物を考える視野が広くなった気がします。
受験が終わり、改めて私は日曜講座に合格させてもらったと思います。
また、受験まででなくこれからも頑張って賢い人になりたいと思うようになりました。
受験の1年間を素敵なものにしてくれた日曜講座に感謝です!

合格体験者

ASさん(国際基督教大学高校卒)

合格大学

ICU(教養) 合格(※AB両出願、B方式1次も合格)

受講コース

ICU Transfer/re-entryコース

体験記

私は大学に通いながら、受験勉強をしていました(いわゆる仮面浪人です)。
なぜこのようなことをしたのか少しお伝えしたいと思います。私は以前からICUに通うことを望んでいました。
現役の時には合格できず、これからどうしようかと悩んでいました。
ある日、ICUの募集要項をパラパラとめくっていました。
その時、ICUに転入制度があることを知りました。
この時すでに他大学に合格していたので、この制度を利用して再度ICUへの受験をすることにしました。
いざ仮面浪人生活をはじめてみると、それは大変なことでした。
大学で一定数以上の成績を取得しないといけない、そして日曜講座での授業とその予習・復習がありました。
これは大変の一言につきます。
しかし、少しばかり大変なことをした方が楽しかったりすることを知りました。
この大変で、よくも悪くも楽しい仮面浪人生活を根気よく、そして目標を見失うことなく受験本番まで続けたことが合格につながったと思います。
最後にこれからICUやその他の大学を受験するみなさまへ私が受験勉強生活で学んだことをお伝えします。
私も含め多くの人は楽なことをしたいと思っています。
そして、受験勉強が大変苦しいことだと知っています。
しかし、できないことではありません。
苦はあるけれど、乗り越えられることです。
これを乗り越えた先に「合格」があるのです。

合格体験者

KNさん(自由学園高等科)

合格大学

ICU(教養)/成蹊大(文・国際文化科学) 合格

受講コース

ICU受験対策講座(夏期・2学期・冬期)/ICUリスニング対策(直前)/ICU英語読解PART1対策(直前)/ICU英語読解PART2対策(直前)/ICU ATLAS対策(直前)/ICU直前英語特訓(直前)/ICU模試(第1回・第2回)

体験記

私が日曜講座を知ったのは、母が日曜講座に通ってICUに合格したお子さんを持つ方から勧められたからです。
進路指導もなく、カリキュラムも大学受験を考慮せずに組まれている、勉強以外のことに重点を置く学校に通っていたため、高校卒業後の進路について本格的に考え始めたのは高3になってからでした。
ICUの受験も、当初は一般受験をすることは全く考えていませんでした。
AO入試での受験を考えつつ、ICU対策の夏期講座に行くことにし、そこでも助言を頂いて無謀にも一般受験をすることにしました。
それまでほとんど受験勉強をしていなかったので、不安も焦りもありましたが、日曜講座での授業に集中し、わからなかったことは家で徹底的に復習するという形で勉強し始め、直前講座までずっと日曜講座にお世話になりました。
今、日曜講座に通って本当に良かったと思っています。
日曜講座では、単なる知識の詰め込みではなく、考える力を養うことができ、幅広い文章や考えに触れて視野が大きく広がりました。
私にとっては人生初の受験で、ずっと不安だったのですが、ぎりぎりまで諦めずに努力することで道が開けることもあるのだと感じました。

合格体験者

NIさん(鳥取県立鳥取西高校卒)

合格大学

ICU(教養)/中央大(総合政策・国際政策文化)/日本大(生物資源科学・国際地域開発)  合格

受講コース

通信制・ICU受験対策講座(通年)/ICU・AO入試対策講座/日本の学問最前線(夏期)/世界を知るための現代史(夏期)/ICU&SFCのための基礎教養講座(夏期)/ハイレベル受験英語(夏期)/受験現代文(夏期)/受験古文(夏期)/受験漢文(夏期)/受験小論文(夏期)/受験数学IAIIB(夏期)/センター対策数学(夏期)/世界を知るための現代史(夏期)/ICU英語リスニング対策(夏期)/SILS上智ICUの英語(夏期)/慶應SFC受験対策講座(夏期)/一日特訓英単語力Build-up(夏期)/ICU NS Simulations(冬期)/ICU英語読解PART1対策(冬期)/ICU英語読解PART2対策(冬期)/ICU英語リスニング対策(直前)/ICU ATLAS対策(直前)/ICU直前英語特訓(直前)/早稲田・国際教養の英語(直前)/早大現代文(直前)/数学IAIIBプチテスト(直前)/ICU模試(第1回・第2回)

体験記

日曜講座で私が学んだことは「頭を使って考え抜くこと」と「目の前の問題に夢中になって取り組むこと」です。
私は、地元の予備校に通いながら日曜講座の通信制・ICU受験対策講座でICU対策をしていました。
日曜講座の教材は一度読んで理解できるようなものではなく、「意味が分からない…」と言いながらも何度も何度も同じ文章を読み返し、自分なりに要約をしたり図を書いたりして、「分かった!」と思えるまで文章に食らいつきました。
届いた解説を読み、それでも理解できない部分があればメールをして先生方に解説をしていただきました。
これまで暗記勉強に頼りがちだった私は、これほど同じ文章を読み込んだことはなかったため、「本当に理解するということはこういうことなのだな」と実感しました。
また、受験に対して不安になることがありましたが、その度に「不安を忘れるほど集中するしかない」という先生の言葉を思い出していました。
目の前の問題に一生懸命取り組んでいると、その間に不安も忘れ、最後には達成感を得ることができます。
そうして努力したことが自信になり、試験終了の瞬間まで全力で考えることができました。
学びに対する私の姿勢を変えてくださった日曜講座の先生方には感謝してもしきれません。
本当にありがとうございました。

他年度合格実績